本文へスキップ

水虫が出来やすい季節  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 水虫のの基礎知識 > 水虫が出来やすい季節

水虫が出来やすい季節水虫の基礎知識


水虫が出来やすい季節

水虫は一年を通して感染、発症しますが、症状のタイプによって自覚症状が強く出る季節と、逆に自覚症状が弱まる季節とがあります。

水虫のタイプ別についてはこれまでも何度か説明してきましたが、同様のサイクルを持っています。

したがって、このサイクルを知っておく事は、水虫を完治させるために非常に重要となりますので、ここでもう一度確認しておきましょう。

水虫の症状で一番多い趾間型の場合、気温と湿気が上がる梅雨から夏場にかけて症状が最も強くなります。

この頃は患部に激しいかゆみを覚える人も多いでしょう。

水虫の原因である白癬菌はカビの一種ですから、この時期になると活発に活動するのです。

ところで高齢者になると水虫に罹る確率が高くなりますが、夏場に症状が強くなると掻きすぎて患部を傷つけてしまい、そこからばい菌が入って菌血症などを併発し、高熱を発したり、中には死亡する例もあります。

免疫力の落ちてきた高齢者の場合、こうした事態に陥りかねないので、決して水虫だからといって軽く見る事は出来ません。

一方、気温と湿気が下がる冬場になると一旦症状が落ち着きます。

人によっては全く自覚症状を覚えなくなる人もいますが、この時期こそ水虫対策としては重要なのです。

自覚症状が強く出ている時は意識して水虫の治療を一生懸命行いますが、自覚症状が無くなると治療を中断してしまう人が多いのです。

自覚症状が無くなっても白癬菌がいなくなったわけではありません。

ただ活動が鈍くなっただけなのです。

したがってこの時期にもしっかりと薬を塗りフットケアをする事で、翌年の夏場の症状をかなり軽減させる事ができますし、治癒も期待する事ができるのです。

水虫治療は根気のいる作業です。

自覚症状のでない時期のケアこそが重要だと心得ましょう。

一方で足の裏全体やかかとに出来る角質増殖型の水虫の場合、カサカサの症状を呈するため、空気が乾燥する冬場の方が症状が強く出ます。

このタイプの水虫も、自覚症状が軽減する夏場の治療とケアが完治させるにはとても重要となります。


PR




【関連記事】


→ 子供の水虫
→ 水虫ってどの診療科?
→ なぜ水虫に出来やすい場所とそうでない場所があるのか?



ナビゲーション