本文へスキップ

水虫の治療にあたって注意する事  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 水虫の治療・治療薬> 水虫の治療にあたって注意する事

水虫の治療にあたって注意する事水虫の治療・治療薬


水虫の治療にあたって注意する事

これまでにも何度か説明してきた通り、水虫は非常にしつこい病気です。

足の指の間に出来る水虫である趾間白癬(しかんはくせん)を患っている人は、毎年夏になると症状が出てきて、秋から冬にかけて症状が消えるというのを繰り返していると思います。

夏になると症状が出て来るのは、湿度と気温が上がり、靴の中の足が蒸れる事で水虫を引き起こす白癬菌の活動が活発になるからです。

一方、秋から冬にかけて症状が消えるのは、湿度の具合が夏場とは異なり、それほど足が蒸れなくなるからです。

ところが足が蒸れなくなると、水虫が治ってしまうのかと聞かれれば、答えはNOです。

これは湿度が低くなると同時に、白癬菌の活動が鈍くなっているだけで、皮膚の角質層ではしっかりと白癬菌が生きています。

つまり、毎年夏近くになると水虫の症状が出てきてしまう人というのは、しっかりとした治療が出来ていないという事になります。

これにはいくつかの原因が考えられますが、その中でも大きいのが水虫治療薬の塗り方でしょう。

趾間白癬の場合、症状が出ている所だけに薬を塗りがちですが、これでは水虫をいつまでたっても完治させる事が出来ません。

薬を塗るときは、くるぶしから足の裏、全ての足の指の裏表、足の甲など足全体に薬を塗る必要があります。

そして症状が治まったからと言って、自己判断で薬を塗るのを止めてしまうのも、水虫が完治出来ない理由でもあります。

何度も言う様ですが、これは大切な事ですので今一度ここで言うと、水虫は非常にしつこい病気です。

薬を塗るのを止めるタイミングは医師の指示に従う様にして下さい。

症状が治まったのは水虫が完治したのでは無く、一時的に白癬菌の活動が鈍くなっただけなのです。

また水虫に対して同じ薬を塗ったり塗らなかったりすると、白癬菌がその薬への耐性をもってしまう可能性もあります。

耐性を持つカビが出来ると、その薬は効かなくなってしまいますので、貰った薬は全て使い切るまで塗る様に心がけましょう。


PR




【関連記事】


→ 水虫の治療薬(種類)
→ 水虫に内服薬が処方されるケース
→ 水虫の民間療法:木酢や竹酢



ナビゲーション