本文へスキップ

水虫の治療:レーザー治療  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 水虫の治療・治療薬> 水虫の治療:レーザー治療

水虫の治療:レーザー治療水虫の治療・治療薬


水虫の治療:レーザー治療

最新の水虫治療として注目を集めているのがレーザー治療です。

最近は様々な分野でレーザー治療が導入されるようになりましたが、ついに水虫治療にも応用されるようになったんですね。

レーザー治療は特に外用薬では治療しにくいとされる爪白癬に対して効果が高いとして注目されています。

では、どうして爪白癬は外用薬では治療しづらいのでしょうか?

爪は皮膚が硬化、肥厚して出来る組織で、水虫の原因となる白癬菌が好むケラチンが沢山存在しています。

そこに白癬菌が寄生して発症するのが爪白癬という病気で、具体的な症状は、爪甲の肥厚、白濁、剥離、巻き爪などが起こります。

通常の足白癬と比べるとかゆみは少ないものの、巻き爪や剥離は痛みが強く、非常に辛い症状になります。

ご存知の通り、爪は非常に硬い組織ですので、白癬菌が爪の角質奥深くに寄生してしまうと、外用薬が浸透しづらく難治性の疾患となってしまいます。

したがって、従来は内服薬による治療が一般的でした。

しかし、内服薬での爪白癬の治療効果は75%程度で、服用期間も一年程度と長期間にわたるため、決して楽に治療出来るものではありませんでした。

更に抗真菌薬には肝機能障害や血液細胞への悪影響が出るという副作用があるため、肝臓疾患を持っている人や血管性疾患、自己免疫性疾患を持つ人には慎重に投与しなければなりません。

そこで登場したのがレーザー治療です。

レーザー治療は現在様々な分野の臨床治療に導入されていて、いずれも高い効果が実証されています。

白癬菌に感染した皮膚にレーザーを照射すると、温熱効果で白癬菌そのものを蒸散させたり、殺菌することができるのです。

また内服薬のような副作用も一切ありませんし、数回の照射でほぼ完治させることが可能です。

このようにメリットの大きなレーザー治療ですが、現在日本では保険治療の対象外となっていて、実施できる医療機関の数が少ないことと、治療費は全額自己負担となることが大きなデメリットになります。

アメリカでは既にFDAが認可した治療法ですから、今後日本でも保健医療の対象となることが望まれています。

PR




【関連記事】


→ 水虫の治療薬(種類)
→ 水虫の治療:紫外線治療
→ 水虫の治療にあたって注意する事



ナビゲーション