本文へスキップ

家族を水虫から守るには  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 水虫の予防とケア> 家族を水虫から守るには

家族を水虫から守るには水虫の予防とケア


家族を水虫から守るには

水虫から家族を守るには、まず何よりも水虫について正しい知識を身につける事が重要ですね。

もし、家族の誰かに水虫の人がいたとしたら、まずは市販の水虫治療薬で治療を済ませようとしないで、必ず皮膚科を受診させるようにしましょう。

これまでにも説明してきた通り、水虫は再発を繰り返す病気であると同時に、治りが悪い病気なのです。

一度完治して再発するというよりは、一度治ったと見せかけて、実は水虫の原因となる白癬菌というカビが生き続けているのです。

白癬菌が生き続けている限り、家族への感染リスクは拡大していきます。

まして、症状が出ていないからと治療を中止してしまっては尚更ですね。

こうした事態を避けるためにも、水虫の治療は皮膚科医の指導のもと、しっかりと行う様にして下さい。

まだ水虫にかかっていない家族の場合でも、日頃からの予防はとても大切です。

白癬菌は皮膚の角質を餌にしているため、角質層に取り憑きます。

したがって、水虫になりやすい足の指の間、足の裏、かかと、爪、手指の間、腋の下、股間などは、良く洗って石けんの洗い残しが無いようにしっかりとすすぎをし、良く乾かす事が重要です。

また、家の中でも極力靴下をはくようにして、素足で床を歩かない事も大切ですね。

更に、湿気のこもりやすいバスマットやキッチンマットはこまめに取り替えて、白癬菌の増殖を許さないようにしましょう。

予防のためには、市販の水虫治療薬を風呂上がりに指の間までしっかりと乾かした後に、足全体に塗っておく事も効果的です。

お子さんの場合は、清潔と蒸れを防ぐ事が重要となります。

帰宅した時は靴下を履き替えさせ、手をしっかりと洗う習慣を付ける様にしましょう。

また入浴時には、足の指の間までしっかりと洗う事を習慣づけさせて下さい。

最後に、水虫を持っている人は自己判断で薬を中断しない事が一番大切です。

医師に出してもらった水虫治療薬は全て使い切り、定期的に診察を受けて、医師から治癒したと判断されるまでは治療を継続する様にして下さい。

また水虫治療薬には液状、クリーム、軟膏などいくつか種類がありますが、自分が使いやすいタイプの薬を選ぶようにしましょう。

これは治療を長続きさせるためにも重要となってきます。


PR




【関連記事】


→ 水虫にアルコールは効くの?
→ ペットから感染する水虫
→ 足が臭う?それ、水虫のサインかも!?



ナビゲーション