本文へスキップ

水虫薬の正しい塗り方  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 水虫の予防とケア> 水虫薬の正しい塗り方

水虫薬の正しい塗り方水虫の予防とケア


水虫薬の正しい塗り方

水虫と聞くと足の指の間にじくじくとした感じが起こり、非常に強いかゆみを伴う症状が一番一般的なイメージとして思い浮かんでくるのではないでしょうか?

しかし、水虫の原因である白癬菌は皮膚があればどこでも寄生することが出来るのです。

水虫が足に出来やすい一番の原因は白癬菌の形状によります。

白癬菌はカビの一種ですが、普段は空気中を漂って移動するのではなく、地面に落ち、ヒトの皮膚と接触するのを待っています。

裸足で公共浴場やプールなどにある床やマットを踏むと感染しやすいのはこのためです。

更に白癬菌は皮膚に含まれるケラチンという成分を餌にしていますので、皮膚の厚い足はケラチンの量も多く、白癬菌が好む場所なのです。

加えて靴や靴下を履く習慣が一般化している現代人の足の指の間は、最も湿気がこもりやすい場所のため、彼らにとっては格好の住み家と言っても良いでしょう。

つまり最初に白癬菌が取り憑く所が足裏で、なおかつ白癬菌にとって繁殖しやすい好条件が揃っているのが足の指の間なので、そこが一番水虫になりやすいということになるのです。

しかし、足趾間以外にも白癬菌は取り憑いていますので、かかとや足裏に出来る水虫例は皆さんが想像する以上に沢山報告されています。

したがって水虫の治療薬を塗る時は、症状が出ている足の指の間だけでなく、足の裏からくるぶしにかけて足全体にまんべんなく塗ることが、水虫が他の部位で発症したり、再発の頻度を下げるためには重要です。

また水虫は一旦かゆみが引いて治癒したように見えても、完全に白癬菌を死滅させたわけではありません。

一般的に白癬菌を完全に殺すためには、少なくとも数ヶ月は薬を塗り続けなければならないと言われています。

したがって、症状が引いたからといって自己判断で薬を中止したりせずに医師の指示に従うようにしてください。

また水虫は一度かかってしまったら抗体が出来るという性質のものではありません。

何度も再発を繰り返す病気ですから、完治した後も普段からの予防とフットケアがとても重要となります。

PR




【関連記事】


→ 水虫の治療薬(種類)
→ 水虫の治療にあたって注意する事
→ 家族を水虫から守るには



ナビゲーション