本文へスキップ

かかとにも水虫?  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 部位別・特殊な水虫 > かかとにも水虫?

かかとにも水虫?部位別・特殊な水虫


かかとにも水虫?

前の章でも少し触れましたが、冬場になると患者数が急増するのが、かかとに出来る水虫です。

ただし、大半の患者が自分が水虫に感染しているとは思わずに、診断結果を聞いてびっくりするそうです。

水虫は夏場に症状が出やすい趾間型(足の指の付け根)のジクジクした水虫が全てだと思い込みがちなので、よもやかかとが水虫に感染しているとは思わないのでしょう。

かかとに出来る水虫の多くが角質増殖型の水虫です。

このタイプの水虫は、ジクジク型とは対照的にカサカサになるタイプですので、一見水虫とは思えないのです。

また空気が乾燥する冬場に患者数が増加するため、水虫=夏場に発症という図式が頭にあると、水虫とは思えないのも無理はありませんね。

角質増殖型の水虫は、主に足の裏からかかとにかけて発症し、症状は患部の皮膚が分厚く盛り上がり、しばらくすると分厚くなった部分が、メリっと剥がれ落ちます。

かゆみも強く、とても辛い症状が出ますので、早めの治療が重要です。

また、このタイプの水虫は症状が接触性皮膚炎と良く似ています。

接触性皮膚炎とは、肌が弱い人が衣類などに接触する刺激で起こる皮膚トラブルで、かかとや足の裏に出来る時は、ストッキングや靴下の刺激に負けて症状が出てきます。

接触性皮膚炎にもいろんなタイプがありますが、角質増殖型の水虫と酷似した症状が出てくるのが、皮脂不足からくる乾燥肌による接触性皮膚炎です。

これも空気が乾燥する冬場に急増し、皮膚症状も角質増殖型の水虫と良く似ています。

したがって、専門医でも患部の皮膚を一部剥離採取して、顕微鏡で白癬菌の有無を調べないと判別が付かないのです。

ただし治療に使う薬はこの両者では全く変わってきますので、冬になるとかかとがカサカサになりかゆみを伴い、皮が剥けると言う人は一度皮膚科を受診して適切な治療を行うようにしましょう。

皮脂不足によるものだと思い込み、市販の保湿クリームを一生懸命塗り込んでも、かかと水虫なら症状は一向に改善しません。

また、接触性皮膚炎も気長に治療する必要がありますので、いずれの場合も素人判断はせず、皮膚科に相談するのが大切です。


PR




【関連記事】


→ 足に出来る水虫
→ 水虫予防のフットケア
→ 水虫にアルコールは効くの?



ナビゲーション