本文へスキップ

頭部に出来る水虫  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 部位別・特殊な水虫 > 頭部に出来る水虫

頭部に出来る水虫部位別・特殊な水虫


頭部に出来る水虫

「頭部に出来る水虫」、名前からしてもあまり印象の良くない水虫ですが、実は頭部にも出来てしまう事があります。

頭に出来る水虫を頭部白癬(とうぶはくせん)と言います。

この水虫も足に出来る水虫と同じように、白癬菌というカビの一種が感染して起こる病気です。

成人に比べ、子供や高齢者に患者が多く、性別を比較すると男性の方が多い傾向にあります。

足や手におこる水虫は肌の角質層に白癬菌が感染しますが、頭部に出来る水虫の場合、毛穴が白癬菌の住み処となります。

白癬菌が取りついた毛穴は、炎症を起こし、赤く腫れて毛が抜けてしまいます。

また痛がゆい症状も引き起こし、掻いたり触ったりする事で症状が拡大していく恐れがあります。

一般的に白癬菌は非常に生命力が強く、完全に治すためには根気良く治療を続ける必要があります。

また症状の出方がケジラミや頭皮湿疹と似ているため、市販のシラミよけの薬用シャンプーや頭皮湿疹の塗り薬での治療を試みるケースも多いのですが、これらの薬剤は白癬菌には効かないので、やはり皮膚科に相談する必要があるでしょう。

症状だけでこれらの病気を見分けるのは専門医でも困難なのです。

脱毛した部位は適切な治療をして水虫をきちんと治せばまた生えてきます。

治りが遅いので心配な事もあるかと思いますが、まずは適切な治療を根気よく続ける事が何よりも重要な事になります。

また、頭部の水虫対策として、頭皮を清潔に保つ事は非常に大切ですが、刺激の強いシャンプーなどを使うと、炎症を悪化させる可能性がありますので、使用するシャンプーについても専門医の話しを聞いて適切なものを選ぶようにしましょう。

リンスやヘアコンディショナーなども医師の指示に従って使用するようにして下さい。

更に脱毛部のケアに育毛剤等を使う時も、症状が治まってからでないと思わぬ頭皮トラブルに見舞われて脱毛が治りにくくなる危険性があります。

頭部の水虫は、足に出来る水虫以上に細心の注意が必要という事ですね。

主な感染経路は、足に感染した水虫に触れた手を洗わずに頭皮に触れた事が原因と考えられます。

子供や高齢者がかかりやすい病気ですので、親や介護をする人が水虫を持っている場合には、念入りに手洗いをするようにして下さい。


PR




【関連記事】


→ 子供の水虫
→ 水虫が出来やすい季節
→ なぜ水虫に出来やすい場所とそうでない場所があるのか?



ナビゲーション