本文へスキップ

ペットから感染する水虫  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 部位別・特殊な水虫 > ペットから感染する水虫

ペットから感染する水虫部位別・特殊な水虫


ペットから感染する水虫

人間だけでなく犬や猫、ハムスターなどペットとして飼われている動物も水虫に感染します。

厳密に言えば、犬を好む白癬菌とか猫を好む白癬菌がいて、これらに感染したペット間での感染は、人と同じ様にリスクがあります。

しかし、これらの白癬菌が直接人間に感染するかどうか、これは今の所諸説ありますが、私たちが水虫と言われて思い描く趾間白癬では無く、頭部白癬の一種であるシラクモや背中に出来るゼニタムシなどとして感染する事が知られています。

一口に白癬菌と言ってもその種類は様々なので、一概には言えないのが現状なのです。

しかし、これらの菌は全て白癬菌の仲間なので、ペットに何かしらの皮膚症状が出ていれば直ぐに獣医に診断してもらい、白癬菌の有無を調べてもらうのが良いでしょう。

万が一趾間白癬がペットを介して人にうつるとしたら、飼い主が元々水虫を持っていて、それがペットの被毛や皮膚に付き、他の人が接触する事で感染するというのが可能性として一番考えられるケースです。

逆に他の家で飼われているペットが水虫に感染していて、そのペットに触れた手を良く洗わずに家で飼っているペットに触ってしまった場合に、感染させる可能性もあります。

愛するペットに水虫をうつさないためにも、ペットに触れる前後には手をよく洗うようにしましょう。

犬や猫が感染する水虫の場合、足よりも皮膚に症状が出る事が多いものです。

この時顕われる症状としては脱毛、あるいは顔や皮膚に斑点のようなシミが出来るというものです。

ペットが同じ箇所を執拗になめたり、かきむしったりしている場合は、何かしらの皮膚トラブルに見舞われている証拠ですし、また犬猫の皮膚病は白癬菌やカンジダのようにカビが原因となるものが多いので、このような症状を見せたらすぐに獣医に相談しましょう。

犬や猫がかかる水虫も人間同様症状の悪化や軽快を繰り返し、中々治らないものですので、根気よく治療を続ける事が重要です。


PR




【関連記事】


→ 足に出来る水虫
→ かかとにも水虫?
→ 頭部に出来る水虫



ナビゲーション