本文へスキップ

水虫はプールで感染する?  水虫情報サイト!もう水虫で悩みたくないあなたへ

                          トップ > 水虫の疑問 Q&A > 水虫はプールで感染する?

ペットから感染する水虫水虫の疑問 Q&A


水虫はプールで感染する?

水虫はプールで感染する?
プールの水は塩素で消毒しているから大丈夫じゃないの?

と考える人もいるかも知れませんが、基本的には感染する可能性はあります。

というより可能性大です。

このように不特定多数の人が素足で歩きまわる場所は、水虫の感染場所になりうると考えましょう。

例えプールの水は塩素で消毒されているとしても、更衣室で着替え、プールの入り口に到るまでは素足で歩き回るわけで、それがプールから上がった人に残ったプールの塩素でもって、全て殺菌出来ると考える方がナンセンスです。

また水虫の人がプールに入って塩素消毒の結果、治癒したという話しも聞いた事がありませんので、水虫と言う事が分かったら、きちんと治療をして治癒した後にプールに行くようにしましょう。

水虫は日本人の三分の一以上の人がかかっていると言われています。

これは国民病と言っても差し支えないほどの患者数ですね。

しかし、その多くは自分が水虫にかかっているとは知らずに日常生活を送っていると言う事実をご存知ですか?

「水虫=ものすごく痒くて辛い」

というイメージを持つ人が多いと思うのですが、実は水虫菌(白癬菌)に感染してから、私たちが良く知る症状が出てくるには、数年の月日が必要だと言われています。

その期間内は、感染して菌の数も増えているのですが、症状が出るまでには至っていないのです。

したがって感染していても症状に気づかず過ごしている人が多いと考えられています。

このような状況で、実際に水虫を100%予防するのは不可能に近いと言えますね。

特に明治時代以降、西洋文化が浸透して普段から靴履きで外出する事が多くなった上に、元々日本は高温多湿の気候で、白癬菌にとって好都合な土地柄ですから、日本で水虫の大流行が起こったのも無理からぬ話しなのです。

更に足が汚れない靴によって、外出から帰ったら足を洗うという習慣がすたれてしまったのも白癬菌には好都合だったのでしょう。

湿り気を好む白癬菌にとって、プールや銭湯など湿気のこもりやすい場所は、何よりも居心地が良いのです。


PR




【関連記事】


→ 入浴後の水虫予防
→ 子供の水虫
→ 水虫が出来やすい季節



ナビゲーション